ホーム

確かにWiMAXには速度制限があ

読了までの目安時間:約 7分

確かにWiMAXには速度制限がありますが、さほどハードなものではありません。ギガ放題プランにて契約すると、ハイスピードモードに対する月間データ量による速度制限はありません。

また、混雑回避の為の速度制限の際も、他社モバイルインターネットサービスの3倍もの通信量を利用する事が出来ます。

帯域制限時であっても、動画を観る事が出来る通信の速さはキープされます。
モバイルのインターネットサービスには、WiMAXの他にも色々なサービスが存在します。

一例を挙げるとすれば、速度制限無しを掲げるぷららモバイルLTEが存在します。

ぷららモバイルLTEには速度制限がないと言う話ではありますが、下りの最大通信速度はたった3Mbpsしか出ません。

この通信速度なのですが、速度制限時のWiMAXよりも遅いです。

つまり、速度制限は無いと言うウリ文句ではありますが、WiMAXと比べれば、ずっと速度制限が掛かっている状態と同じです。

WiMAXと契約を行う際、様々なキャンペーンサービスが付いて来ます。

特に便利なのは、公衆無線LANサービスです。UQ WiMAXであるとUQ Wi-Fiプレミアム、そして、@nifty WiMAXなら@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスと言った感じのものです。どのプロバイダと契約をしても利用出来るau Wi-Fi SPOTと言う公衆無線LANサービスよりも、多くのWi-Fiスポットと契約しているサービスになります。
WiMAXのサービスを導入した事で、私の日常は大きく変わりました。
最も大きかったのが、スマートフォン通信で7G制限を気にする必要がなくなりました。

Wi-Fiテザリングを使ってWiMAX端末でインターネットを行なうから、スマホの通信量は消費しなくなった訳です。
ですから、スマホサイトにムービーが設置されている場合であっても、ヒヤヒヤせずPCのように観れるようになりました。Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の後に続くモデルとして登場したWiMAX端末が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15ってWiMAX端末になります。

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15の持つ特徴としては、WiMAXとWiMAX 2+とau 4G LTEの三種類の通信回線を使い分ける事が可能だと言う点が挙げられます。Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はWiMAXハイパワーを搭載して、従来のWiMAX機器のWiMAX通信と比べると、一回り広いエリアでの通信に対応しています。

そして、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はクレードルに対応している部分が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14との大きな違いと言えます。WiMAXサービスを取り扱っているプロバイダの間において、人気のプロバイダの一つにGMOとくとくBB WiMAX 2+が挙げられます。

GMOとくとくBB WiMAX 2+は様々なキャンペーンを展開していて、そのラインナップの多さも評判の秘密です。だけど、GMOとくとくBB WiMAX 2+が選ばれる最も大きな要因は、業界の中でも最高額のキャッシュバックキャンペーンが挙げられます。

しかも、保証内容もしっかりしてるので、それが評判を支える大きな部分となっているのです。

前々から気になっていたWiMAXサービスですが、様々な意見が存在します。
どういうものがあるのかと言うと、電波がプツプツ途切れるだとか、そう言うネガティブな書き込みもあります。

ですけども、WiMAXの高性能化に伴って環境も変化しています。

そんな状態ですので、現状とは状況が異なるケースが多いです。WiMAXについて書かれた口コミを目にしたら、そう言った点を頭に入れながら読むようにしましょう。

最近のWiMAXサービスと言うと、au 4G LTE通信を使用出来るWiMAX端末もラインナップしています。

au 4G LTEはauの基地局から発せられる通信回線を使用して、人口カバー率99%を超える、かなり繋がりやすい通信回線なのです。

800MHzと言う低周波数域を使用したプラチナバンドなので、物質を貫通したり回り込んだりして、奥まった場所まで電波が届きやすいです。

今までのau 4G LTEの下り最大通信速度はせいぜい75Mbpsでしたが、下り最大通信速度が100Mbpsに対応した地域や、下り最大通信速度が150Mbpsに対応している地域も拡がって来ています。
GMOとくとくBB WiMAX 2+の契約時に利用出来るオプションサービスの中には、Wi-Fi(公衆無線LAN)接続オプションと言う月額362円のオプションサービスもあります。Wi-Fi(公衆無線LAN)接続オプションとは一体何なのかと言えば、ワイヤアンドワイヤレス社の提供するWi2エリアとUQコミュニケーションズ株式会社の運営するUQ Wi-Fiエリアを利用出来るサービスの事です。

サービス対象となるアクセスポイントは全国に10

000ヶ所以上存在していて、駅や空港やバス、飲食店やホテルなどと言った場所で利用する事が可能です。

Wi2エリアの中には別で1時間利用ごと100円掛かるオプションエリアチケットを買い取る必要のあるエリアがありますが、オプションエリアチケットを買い取った金額分はGMOポイントと言う形で還元して貰えます。Speed Wi-Fi NEXT W01はキャリアアグリゲーションを搭載し、初の下り最大通信速度が220Mbpsに及んでいるWiMAX端末として登場しました。

Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)が発売された当時はキャリアアグリゲーションに対応するエリアは限定的でしたが、今は対応しているエリアが広がっています。また、au 4G LTEと言う通信機能はHWD15から受け継ぎ、広大な地域での通信に対応している点がSpeed Wi-Fi NEXT W01の特徴の一つになってます。勿論、Speed Wi-Fi NEXT W01はクレードルにも対応していて、充電しつつのインターネットにも対応してます。UQ WiMAXの評判情報をより詳しく

Speed USB STICK

読了までの目安時間:約 7分

Speed USB STICK U01はUSBサイズのWiMAX端末で、下り最大通信速度が220Mbpsも出す事が可能な点が特徴のWiMAX端末です。その仕組みは2回線分のWiMAX 2+回線の帯域を同時に使用する事で、今までの倍の通信速度を出す事が可能になるキャリアアグリゲーションと言う技術にあります。
合わせて、Speed USB STICK U01はau 4G LTEと言う通信回線にも対応していますので、人口カバー率99%と言う広い通信エリアに対応する事が出来ます。

Speed USB STICK U01はバッテリーを機器内に内蔵していませんから、USBポートから給電しつつ利用するタイプのWiMAX端末となります。

WiMAXのサービス期間は25ヵ月間契約が基本になっていて、期間内に解約をすると契約解除料を取られてしまいます。そんな長い契約期間になっていますので、きちんとしたとこと契約を行いたい所です。

うっかり見落とされがちなのが、それぞれの契約先のサポートセンターの対応です。電話対応が休日は非対応だったり、フリーダイヤルじゃ無かったりするプロバイダも少なくないですから、ちゃんと判断してから契約を行いたいものです。
大容量通信を行なう方向けのモバイルインターネットサービスとして流行ったWiMAXではありますが、通信のし過ぎによって速度制限を掛けられてしまう事を考慮しておく必要があります。

他社のモバイルインターネットと比較すると、WiMAXはそこまで厳しい速度制限を設けていません。そうは言っても、一定の通信量を超えると速度制限の対象となりますから、通信し放題だと勘違いしないようにしたいものです。

けれども、速度制限に掛かってしまった場合であっても、YouTubeの動画位なら普通に観れる通信速度は確保する事が出来る様にはなっています。

WiMAXサービスの口コミを読んでいると、多種多様の意見があります。一例ですが、電波がプツプツ途切れるだとか、そんな批判的な意見もあります。とは言えども、WiMAXの対応エリアは毎年広がる一方です。そんな状態ですので、現状とは状況が異なるケースが多いです。口コミサイトでWiMAXについて調べる時には、口コミが投稿された日付けから先に確認しましょう。
WiMAXサービスを提供するプロバイダの一つであるPEPABO WiMAXは、普段3種類のプランがあります。
28000円の高額な現金キャッシュバックが受け取れる通常プランとか、WiMAXサービスの月額料金が低価格な通常プランである月額割引プラン。また、ギガ放題プランを2年間通常プランの月額料金で利用出来る料金プランが存在します。不定期で、もっと月額料金の安いタイムセールと言う料金プランが登場する事もありますが、タイムセールはいつもある料金プランと言う訳ではありません。
月額料金の安いWiMAXのプロバイダとして、Racoupon WiMAXと言うプロバイダが挙げられます。
驚くほど月額料金が安いプロバイダですから、色々と条件を付けない中であると、業界で一番安いWiMAXのプロバイダと言えます。
だけども、auスマートバリューmineに対応していませんから、auにてスマートフォンやケータイを契約しているユーザーにとっては、あまりうまみのないWiMAXのプロバイダだと言っても過言ではないでしょう。

それに加えて、電話でのユーザーサポートが平日の10時から18時までだけ対応となっている為、そう言う点でも気を付けるべきWiMAXのプロバイダと言う事になります。
Speed Wi-Fi NEXT WX02(NAD31)は4×4MIMOを搭載し、下り最大通信速度が従来の二倍となる220Mbps出る点が特徴のWiMAX端末です。
4×4MIMOと言う機能はWiMAX端末内に装備されている4本のアンテナと、WiMAX基地局に設置された4本のアンテナで4回線の同時通信を行なう技術の事を指します。

そのテクノロジーによって、下り最大の通信速度が以前の110Mbpsから、倍の220Mbpsになるのです。
その他には、Bluetoothと言う機能に対応していますから、Wi-Fiよりも少ない電力でテザリングを行なう事が可能となります。

WiMAX端末は通常の値段が20000円しますし、クレードルのセットで22750円も掛かります。

それなりの金額となりますので、WiMAX契約の際の負担となってしまいます。そんなわけで、各プロバイダではWiMAX機器の無料プレゼントキャンペーンを行っています。プロバイダによってはクレードルセットで無料のとこもありますので、そう言うプロバイダを選ぶとベストです。

Speed Wi-Fi NEXT WX01の後継機に該当するSpeed Wi-Fi NEXT WX02と言うWiMAX端末は、Speed Wi-Fi NEXT WX01よりもバッテリー消費を抑える点が改良されたWiMAX端末です。その理由は、Speed Wi-Fi NEXT WX01で導入された4×4MIMOは通信速度が倍になるメリットがあるものの、バッテリーの消費が激しかったからです。

そんな理由で、Speed Wi-Fi NEXT WX02にはバッテリーの量で判断して4×4MIMOから2×2MIMOへと自動的に切り替わる機能となる、バランスモードと呼ばれる機能が新しく搭載されました。
その上、三日間の通信使用量がディスプレイされる機能が新しく搭載され、混雑回避のための速度制限に対する対策が取りやすくなりました。

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の後継機として発表になったWiMAX端末が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15って言うWiMAX端末になります。

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15の持っている特徴としては、WiMAXとWiMAX 2+とau 4G LTEの三種類の通信回線を使い分ける事が出来ると言う点が挙げられます。

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はWiMAXハイパワーに対応し、従来のWiMAX端末のWiMAX回線と比較すると、一回りほど広いエリアでの通信を行えます。その上、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はクレードルと言う充電台に対応した部分が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14と比較した時の大きな違いな訳です。お勧めサイトはこちら

光インターネットサービスと一口に言っても、様

読了までの目安時間:約 6分

光インターネットサービスと一口に言っても、様々な光回線サービスがあります。
大手なところで言えば、フレッツ光やビッグローブ光などが挙げられます。
例を挙げるとすると、auひかりならスマートフォンとのセット割が評判ですし、NURO光でしたら通信速度の速さが評判です。
各社特色がありますので、きちんと把握した状態で光回線サービスを選択したいものです。インターネット回線の申し込みをすると、それぞれの代理店で色々なキャンペーン特典を用意しています。
キャッシュバックキャンペーンをしている代理店が主流ではありますけど、その他にも色々なキャンペーン特典が展開されています。
例えば、タブレットのプレゼントキャンペーンを実施しているとこもあります。
それだけじゃなくて、パソコンのプレゼントキャンペーンをしているとこさえもあります。
今あるインターネットサービスには、固定回線とモバイルインターネットがあります。
固定回線と言うと、今も使われる事のあるADSLや光回線、光ネクスト回線があります。インターネットサービスの使用にはケーブルを利用しますので、インフラが行き届いている事が前提となります。auのスマートフォンやケータイを所持している方であれば、auひかりに乗り換える事でセット割引きとなるauスマートバリューを使用する事が出来ます。少しでも通信費を安く抑えたいと考えている方であれば、是非とも利用したい割引きサービスの一つと言えます。だけれども、その時に使用しているひかり電話の電話番号まで変わってしまうのではと心配で、乗り換えに簡単には踏み出す事が難しいと言う方もいるでしょう。
だけども、そんな心配は一切必要なく、前に使用していた電話番号をそのまま引き継ぐ事が出来るのです。
光回線の申し込みの折、キャッシュバックを貰う事が可能となるキャンペーン特典を用意している代理店は多いです。
代理店によりキャッシュバックの金額に大きな違いがありますが、キャッシュバック額だけで代理店を選択していませんか?キャッシュバックのキャンペーン特典を選ぶ際は、手続き方法も盛り込んだ難易度を考える必要があります。他にも、いつ頃キャッシュバックを受け取れるのかや、有料オプションへの申し込みは必要かなど、代理店によってキャンペーンを貰える条件に大きな差が出て来ます。
光回線のキャッシュバックキャンペーンですけど、高額な代理店だと有料オプションへの加入が条件となっていたりする場合があります。
だから、実際はそんなにお得感なかったなどと言う場合もあります。
それらを見越し、最初から有料サービス加入条件一切なしなどと言ったキャッチをキャンペーンサイトに記載している代理店もあります。
記載してない代理店は全部有料オプションへの加入があると言う訳ではありませんが、そうは言えども、明記されている代理店の方が安心感は高いです。OCN光で光回線の申し込みを行なうと、OCN モバイル ONEのセット割引きの特典が付いて来ます。OCN モバイル ONEとは格安SIMカードを提供するサービスの事で、NTTドコモのXiエリアやFOMAエリアを利用する事が出来ます。
データ通信専用SIMを使用する場合ならば月額900円から、音声対応SIMならば月額1
600円からサービスを申し込む事が出来ます。一日に利用するデータ量によって6種類の料金プランが用意されていますから、ご自身に合った料金でサービスを利用する事が可能です。様々なインターネットサービスがありますが、今はauひかりがイチオシです。
フレッツ光は十分にインフラが進み、現時点ではキャンペーン特典が今一つになって来ています。
ですが、他のインターネット回線は普及が十分に進んでいませんので、申し込みしたくても回線が来ていないと言う状態になっています。
auひかりと契約を行なう場合、対応するエリアが広い上にキャンペーン特典も魅力的な状況ですから、タイミング的に良い訳です。インターネットサービスの契約をする時、ホームページに記載されている表記に関しては注意が必要です。
具体例を挙げるとすれば、「光インターネットが500円」など言う表記に驚いてしまいそうになりますが、それほど安く光インターネットサービスを導入する事が可能な訳がなく、単純にプロバイダの月額料金のみが表記されているだけだったりします。
同様に、「154700円還元」などと言った表記にも驚かされてしまいそうになりますが、こちらもそんな高額なキャッシュバックを貰える訳がなくて、初期費用が無料になる分の金額や初月分の月額料金が無料になる分などと言った諸々の金額があれもこれもと加算されて表記されていたりします。
業界に精通した人ならば簡単に見抜けるでしょうが、そうでない方は判断基準がありませんから、騙されないように気を付ける必要があるのです。NURO光はGPONテクノロジーを使用する事で通信速度の速さが象徴的なインターネットサービスで、他の光インターネットの下り最大通信速度が1Gbpsのとこを、NURO光の場合は下り最大通信速度が2Gbpsも出ます。こんなに速い通信速度を出す事が出来ますので、NURO光ならば複数の端末を同時にインターネット通信させたとしても、十分な通信の速さでインターネットを楽しむ事が可能です。
それに加えて、NURO光はSoftBankのスマートフォンやケータイやiPadとのセット割引き特典を行っていますので、全体の通信費用を節約する事が出来ます。更に、NURO光ならばプロバイダとの契約が不要で、無線LANのレンタルやセキュリティサービスも月額料金に入っています。

光回線のサービス元なのですが、各携帯会社も参入していま

読了までの目安時間:約 6分

光回線のサービス元なのですが、各携帯会社も参入しています。
これらの会社のウリには、スマートフォンやケータイの月額料金とのセット割引きを展開している点と言えます。
例を挙げると、auひかりでしたらauスマートバリューと言うサービスを行っていますし、SoftBank光もスマート値引きと言ったキャンペーンを展開しています。
値引き額は、家族の所持する1端末毎の月額料金が2000円安くなると言う内容になっています。
auのスマートフォンやケータイを使用している方ならば、auひかりに乗り換える事でセット割引きとなるauスマートバリューと言うサービスを利用する事が可能です。
少しでも通信費を安く抑えたいと考えている方ならば、是非とも利用したい割引きサービスの一つと言えます。でも、その際に使用しているひかり電話の電話番号まで変わるのではと心配で、乗り換えに簡単には踏み出す事が難しいと言う方もいるでしょう。
ですが、そう言う不安感は全く必要なく、以前利用していた電話番号をそのまま引き継ぐ事が出来るのです。NURO光はGPONテクノロジーを使用することによって通信速度の速さが特徴的なインターネットサービスで、他社の光インターネットサービスの下り最大通信速度が1Gbpsのところを、NURO光と契約すれば下り最大通信速度が2Gbpsも出ます。
これだけ速い通信速度を出す事が可能ですので、NURO光ならば複数台数の端末を同時にインターネット通信させたとしても、問題ない通信速度でインターネットを楽しむ事が出来ます。
それに加えて、NURO光はSoftBankのスマートフォンやケータイやiPadとのセット割引き特典を行っていますので、全体の通信費を節約する事が出来ます。
加えて、NURO光ならプロバイダとの契約が不要で、無線LANのレンタルやセキュリティソフトも月額料金の中に含まれています。光回線サービスの特典を利用する際の条件として、即日申込完了と言う条件が定められている場合があります。これは一体何なのかと言うと、その代理店へ一度でもお問い合わせをした際に、その日の営業時間内で契約まで済ませると言う事を意味します。
この決まりがあると、問い合わせ客は連絡する事によってその代理店のキャンペーン情報を入手後、検討する時間に期限が設けられる事となります。お問い合わせを行った後の見込み客がズルズルと迷って、結局は決断出来なくなると言うケースを減らす為の制度と言えるでしょう。様々なプロバイダが光コラボレーションのサービス提供を行っていますが、その中にSoftBank光と言うサービスもあります。
SoftBank光を光コラボレーション先として選択する最大のメリットには、スマート値引が挙げられるでしょう。3Gケータイのデータ定額パックで契約中の方ならば毎月500円の割引きを受けられますし、5GBのデータ定額パック標準で契約している人であれば2年間の月額料金が1522円割引きされて、3年目以降も1008円の割引きを利用する事が出来ます。
また、10GBのデータ定額パック大容量で契約している人ならば2年間2000円の割引きを利用出来て、3年目以後も月々1008円の割引きを受ける事が出来ます。
現在のインターネットサービスには、固定回線とモバイルインターネットとに分類されます。
固定回線を分けると、従来のADSLや光回線、光ネクストなどが該当します。
サービスの利用にはケーブルを使用しますので、近所までケーブルが来ている必要があります。
光回線のキャッシュバック特典ですけど、高額な代理店だと有料サービスへの加入が条件となっていたりする場合があります。ですから、実際はそんなにお得ではなかったなどと言う場合もあります。
そう言う事例を考慮して、最初から有料オプション加入条件一切なしなどと言った文字を販売ページに記載している代理店もあります。
記載してない代理店は全て有料サービスへの加入があると言うことではないですけど、そうは言っても、きちんと記載されている代理店側の方が安心感は高いです。紹介キャッシュバックなのですが、かなり高額設定されている事が多いです。
並びに、紹介人数に比例してキャッシュバック額が高くなる傾向にあります。その為、可能な限り紹介すればするほどに、キャッシュバック額が大きくなると言う訳です。だからって、プロでもない一般人がこの紹介キャッシュバック制度を利用するのは、かなりハードなのが現実でしょう。
光インターネットの特徴と言えば、安定したインターネット通信を行なう事が出来る点にあります。
モバイル回線のような不安定性はありませんので、ビジネスでインターネットを必要とする方にも好評です。通信の速さも向上していて、1Gbpsと言う通信速度でさえ遅いと思ってしまうサービスも登場し始めています。
すでにオーバースペック気味ですので、通信上のイライラは皆無です。
光回線を契約すると、モデムをレンタルする事になります。このモデムの利用料はと言うと、毎月の料金に加算される形で請求されます。
モデムに無線LANカードを差し込む使用法だと、合算して、無線LANカードのレンタル料が要求されます。ですので、無線LANカードの返却を行って、ご自身で無線LAN機器を準備した方が安上がりです。

光回線を提供している代理店は、高

読了までの目安時間:約 6分

光回線を提供している代理店は、高額キャッシュバックで集客をしているとこが多いです。
ですけど、あまりにも提示されている金額が高額な所となると、キャッシュバック額に他のキャンペーンの金額を上乗せして表示されている場合もあります。
その結果、代理店によっては、誇張広告なんて批判されているとこもあります。そんな中、NNコミュニケーションズなら確実に貰えるキャッシュバック額を掲示していて、その部分が評価をされています。
光回線サービスのキャンペーン特典として一般的なものと言うと、月額料金の割引きのキャンペーンやキャッシュバックのキャンペーンが挙げられます。
キャッシュバックキャンペーンの場合、ギフトカードを使ったキャッシュバックやポイントを使ったキャッシュバック、現金キャッシュバックの3パターンあります。月額料金の割引きキャンペーンにしろキャッシュバックキャンペーンにしろ、適用される為の条件が設定されている場合がほとんどです。
具体的に言うと、西日本の方だけだったりマンションタイプの方だけだったり、SOHOである事を適用条件にしている代理店もあります。
光回線のフレッツ光サービスには、光コラボレーションもしくは転用と呼ばれるものが存在します。光コラボレーションと言った仕組みを用いる事で、元々はフレッツ光とプロバイダの両方に料金を支払っていたものを、プロバイダ一本にまとめる事が可能になります。
費用を削減する事が可能ですし、光コラボレーションを利用する事によるキャンペーン特典を貰う事が可能です。光コラボレーションはフレッツ光と契約時の回線をそのまま流用しますから、再びの回線工事は不要で、乗り換えに伴った契約解除料も生じません。
光サービスの契約を行なう時、選んだ代理店によって違うキャンペーン特典が付いて来ます。
その中でも人気なのが、払戻し特典です。回線工事から一定期間が経過後、条件をクリアーした金額分だけ、払戻金が振り込まれると言うものです。その結果安くサービスの利用が出来るので評判なのですが、振り込まれるまでの手続きの難易度が高い点が苦情の元にもなっています。
光回線の契約の順番は、どのインターネット回線を選ぶかと言う事から始まります。
有名ドコロで言うと、フレッツ光やauひかりなどの光サービスが挙げられます。
その次に選択するのが、代理店になります。
その後には、選択した代理店が取り扱うプロバイダの中から、契約先をチョイスすると言う手はずを取ります。
光回線の申し込み後、キャッシュバックを受け取る事が出来るキャンペーン特典を用意している代理店は多いです。
代理店によってキャッシュバック額に大きな違いがありますが、キャッシュバック額だけで代理店を選んでいませんか?キャッシュバックのキャンペーン特典を選択する時は、手続き方法も盛り込んだ難易度を考慮する必要があります。また、いつ受け取れるのかや、有料サービスへの申し込みは必要かなど、代理店によってキャンペーンを貰える条件に大きな差が出て来ます。OCN光で光回線の申し込みをすることで、OCN モバイル ONEのセット割の特典が付いて来ます。
OCN モバイル ONEとは格安SIMカードを提供するサービスの事で、NTTドコモのXiエリアとFOMAエリアに対応しています。
データ通信専用SIMを利用する場合であれば月額900円から、音声対応SIMならば月額1600円からサービスを申し込む事が出来ます。
一日に使用するデータ量によって6種類の料金プランが用意されていますから、ご自身に合った料金サービスを使用する事が出来ます。
光回線の通信速度なのですが、毎年速くなっています。
インターネット回線としてADSLが主流だった時代は、50Mbpsほどの下り最大通信速度でインターネットを行っていました。
だけど、光回線と言うインターネットサービスが取引され始め、下り最大通信速度が100Mbpsにまで向上しました。
その後、光ネクストが取引され始めて下り最大通信速度は1Gbpsになりましたけど、今は下り最大通信速度10Gbpsのインターネットサービスも登場しています。
色々なプロバイダが光コラボレーションのサービスをしていますが、その中にはSoftBank光と言うサービスもあります。
SoftBank光を光コラボレーション先として選択する最大のメリットには、スマート値引と言う特典が挙げられます。3Gケータイのデータ定額パックで契約中の人であれば毎月500円の割引きを受けられますし、5GBのデータ定額パック標準で契約中の方であれば2年間の月額料金が1522円割引きされ、3年目以後であっても1008円の割引きを受ける事が出来ます。
一方、10GBのデータ定額パック大容量で契約中の人ならば2年間2000円の割引きを利用出来て、3年目以後も1008円の割引きを受ける事が可能です。
光インターネットの特長と言うと、安定したインターネット通信を行なう事が出来る点にあります。モバイルインターネットのように外的要因に左右される事はありませんので、仕事として使う分にも不足はありません。通信の速さも向上していて、1Gbpsを超える通信速度のサービスもザラにあります。
もはや実用レベルは超えていますから、通信速度の悩みは皆無です。

1 2 3 5
最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー